Rock'n Rose High School☆

アロマテラピー 5人子育て 放送大学にて心理学勉強中!

悪いのは人ではないと思う

[http://

こんにちは!5人子育て中、アロマテラピーインストラクター、放送大学にてゆる~く心理学勉強してます、ミナコです!
 
 
子供が悪いことしたときって、どんな風に叱ります?
 
そもそも、叱らなければならないような時って 
私には限られていて
命に危険があるとか、明らかに怪我するよいな危ないことをしたとき。
他人に迷惑行為をしているとき。
は、叱りますね。
 
で、ご家庭により叱るような状況は様々かもしれませんが
 
例えば、病院の待合室で、バタバタと走り回って騒いでいる。
 
なんて叱りますか?
 
やめなさい!
うるさいよ!
ダメだよ!
はーしーらぁない!も、ありそうですね。
 
これ、結構、ありがちなんですけど
これでは、子供はなにがダメなのか?がわかりません。
 
叱るときは、具体的に何がいけないのか理由を明らかにしてあげましょう。
 
この場合なら
病院には具合の悪い人がいるから静かにしようね。
と、教えてあげるのがいいですよね。
叱るより教えるですね。
 
また、叱るときに怒りにまかせて
人格や人間性を否定するような言葉はなるべくなら避け
ましょう。
 
お前はダメな子だね!
いくら言ってもできないね!
などです。
 
やっている行為は悪くても、人間や人格が悪いわけではないのですよね。
 
子供自身を否定するのではなく
子供がやっている行為について叱るようにしましょう。
 
また、お母さん達だって精神状態がありますからいつも冷静にはできないと思いますが、できるだけ悪い行為についてのみ教える(叱るより教える)ようにし、
自分の感情を載せてわめき立てないようにしたいものです。(←ワタシもね!)
 
こういう場合の悪い例をあえてあげるとすれば
 
ふざっけんな!
いい加減にしなさい!
いつまでやってんのよっ!
 
とかですかね。
怒りにまかせた言葉ですね。
 
あえてあげなくてもよかったか。
みんなやりたくてやってるわけじゃないもんね。
 
「罪を憎んで人を憎まず」
子供が悪いことをして叱ったとしても
子供自身を愛していることは変わらないですよね。
行為と人間は分けて考えましょう。