Rock'n Rose High School☆

アロマテラピー 5人子育て 放送大学にて心理学勉強中!

アロマテラピーによるインフルエンザ予防

こんにちは!アロマテラピーインストラクター

5人子育て中、放送大学で心理学勉強中のミナコです!

 

インフルエンザ予防に精油が欲しいとの方いらっしゃいました。

ティートゥリーがおすすめです。

これ、実験結果の出所が不明なんで、ふーん。くらいな感じでしたので見てください。

www.e-kango.net

AEAJアロマ環境協会によるとインフルエンザ予防には

ユーカリ・ラディアータやラベンサラも効果的とのことです。

(公社) 日本アロマ環境協会 | アロマを楽しむ | アロマの研究・調査 | アロマテラピー学雑誌 | アロマテラピー学雑誌 Vol.9 No.1 (2009)

 

ティートゥリーは、オーストラリアの原住民が利用していた植物です。

 古くから傷の手当や感染症の予防などに使われていました。 

ティーツリー - Wikipedia

皮膚のトラブルや、咳、去タン、抗カタル作用などのほか

なんといっても免疫力をアップします。

精油の刺激も優しいので

小さいお子さんやお年寄りの方にも使いやすいです。

 

インフルエンザ予防としての使い方は、

インフルエンザの季節にアロマポットで焚いたり

スプレーを作って気になるところや気になるときにシュッ!としたり

マスクにシュッ!もいいですね。

マスクへの原液は刺激が強いのでオススメでしません。

ハンドクリームなどにして香りを嗅ぐのもイイですよ!

精油は一本が高いのでいっぺんに何本も買うのは大変ですが

効果のある数種類をブレンドすると相乗効果で効果がさらに高まります。

 

アロマスプレーならば基本的にこんな感じで作ってみてはいかがでしょうか?

お肌には直接つけないようにしてくださいね。

 

無水エタノール 5ml

精製水  20ml

精油  5滴

(インフルエンザ予防ならば、ティートゥリーやラベンサラ、ユーカリ・ラディアータなど。他に好みのものを足してもOKですが全部で5滴です。)

 

量がものたりない場合は、この割合で増やせばOKです。

意外に見落としがちなのが、スプレーボトルの材質です。

精油によりプラスチックを溶かしたり、エタノールがプラスチックを溶かしたりする場合がありますので

アロマショップでの購入をオススメします。