Rock'n Rose High School☆696hs

アロマテラピー 5人子育て 放送大学にて心理学勉強中!

怒鳴ったり叩いたりはしつけではないと思う

こんにちは!

5人子育て中

アロマテラピーインストラクター

放送大学で心理学勉強中

ミナコです!

 

虐待のニュースで、逮捕される親が

しつけのつもりだった、と話している。と聞くことあるんですが

 

話の理解できる子供に

叩いたり怒鳴ったりは必要ありません。

保育園にあがるくらいになれば

いけないことは、言い聞かせれば理解できます。

 

では、何故、世の中のお母さんお父さんたちは

声を荒げたり、時に叩いたりするのか。

 

自分が子供時代そうされてきて、しつけとはそういうもの。と思っているのか?

または、

自分のイライラやストレスを子供にぶつけていたり

強い言葉で自分の思い通りにしたい。という事があります。

 

誰しもが神ではないので

子育てしていれば

怒鳴ったり、ときには手をあげてしまった経験があると思うんですが

(私もあります。)

 

それが、

イライラやストレス

子供を思い通りにしたい

親からされてきたから

 

などが原因ならば

悪いのは子供でなく親だと思うのです。

 

叱りすぎたり手を挙げてしまったりしたときに

ちょっ叱りすぎちゃって悪かったな、とん感じる方がほとんどで

まあ、一般的なお母さんお父さんとして

多数だと思うんですよ。

 

しかし、これが虐待とかにまで及んでしまうときに

子供を助けるのはもちろん最優先ですが

救うべきは虐待をするまでに追い詰められている

お母さんやお父さんだと思うんですよね。

 ここを解決しないと

いくら子供を一時的に保護できたとしても

解決にならないと思います。

 

自分自身や、または、パートナーが

怒りすぎていると感じたら

 

その原因がどこにあるのか?

(人間関係、仕事、忙しすぎるなど。)

どうすればそれを解消できるか?

いわゆる普通の生活が送れているか?

(子育てしていると、

ご飯をたべる、歯磨きをする、風呂に入る、トイレに行きたいときに行かれる、などいわゆるの普通の生活ができない場合があります。)

 

を振り返り

できるだけ、心にゆとりをもって

子供に接したいものです。