Rock'n Rose High School☆696hs

アロマテラピー 5人子育て 放送大学にて心理学勉強中!

甘えと甘やかし、について考えてみる

こんにちは。

5人子育て中

放送大学で心理学勉強中

アロマテラピーインストラクター

ミナコです。

 

子育てにおいて

甘えと甘やかしは違う。

とか聞いたことあるかもしれませんが

この場合の

甘え→よいもの

甘やかし→よくないもの

のように表現されています。

 

色んな意見があるかもしれませんが

 

甘え→受容(子供の気持ちを受け入れること)

甘やかし→心、気持ち以外について子供の好きなようにさせること。

 

でどうでしょうか。

表現することとは難しいですね。

 

甘え→主体が子供にある

甘やかし→主体が親にある(甘やかしだとしても甘やかさなかったとしても)

 

ような?

 

[http://

 
具体的な事例として
持論ですが
 
子供のため主張や気持ちは受け止めたく
例えば
保育園や学校での話をしてきたら聞いてあげる、とか
抱っこをせがむとか
やりたいことや好きなことをやらせてあげるとか
 
もちろんできるだけですど。
 
 
ては、甘やかしとは何なのか?
 
金銭的とか物質的とかについて際限なく
好き放題にさせるとか
社会的に迷惑のかかることや
健康や体に悪影響のあることについて
自由にさせるとか
 
 
色々難しく考えずとも
 
社会に迷惑をかけること
健康を害すること
 
はタブーで
 
それ以外はOKで。
 
あ、これ持論ですよ、持論。
 
 
でも、難しいのは
例えば、おもちゃを買ってくれとか
お菓子を買ってくれ、と子供がせがむときに
 
それが
単純におもちゃやお菓子が欲しい場合もあるだろうし
気持ちを満たすために
おもちゃやお菓子を欲しがる場合もあるわけですよね。
この場合、満たしたいのは心のほうなわけです。
 
 
あ~、そういえば
正確な資料が貼れなくてすみませんが
 
少年刑務所で調べた結果によると
少年犯罪を起こしてしまった少年達は
小さいときから、甘えられる環境が少なく
人に頼ったりすることが苦手で
なんでも一人で頑張らないといけないような環境にあった。
 
みたいなデータがありました。
 
子供にとって
甘えられる環境は大切なものなんですね。
 
明日は、私の考える
タブーとOKの具体例をあげてみたいと思います。