Rock'n Rose High School☆696hs

アロマテラピー 5人子育て 放送大学にて心理学勉強中!

児童虐待やDVはに加害者側ケアが必要だと思う

こんにちは。

5人子育て中

放送大学で心理学勉強中

アロマテラピーインストラクター

ミナコです。

 

先日の記事

 

mimosawolf69.hatenablog.com

 

にも書きました。

 

加害者側のケアについてもっと考えるべきではないだろうか。

www.nishinippon.co.jp

 

今朝のテレビでも見かけましたが

 

DV加害者の男性本人曰く

DVを行っているときには

悪いことをしているわけではない。

と、認識していたそうです。

 

 

DV加害者の更正プログラムを受けたところ

認識が変化してきたそうです。

 

家庭内で起こる児童虐待やDVは

家庭内で「正義」とされてしまっていたり

共依存という背景があったりして

(DVをする夫、その夫を支えることが生き甲斐になっている妻みたいなこと。)

なかなか表面化しづらいらしいですが

暴力が日常化として形がでている時点で

その人自身が助けの必要な人物です。

 

 

さて、脱暴力などのカウンセリング、やプログラム

ググってみましたが

申し訳ないのですが

今の私の知識では

そのでてくる情報について

信頼できるかどうかの判断をすることができません。

※ググってでてくる情報を全て否定するわけでもありません。

 

ただ、心理学の中には

犯罪者を更正させるプログラムなどの分野が

ありますので

犯罪まで至らなくても

そういった方を助けられるプログラムなどが

ありそうです。

 

まずは、公共期間、専門期間、病院、カウンセリングなどに

相談するのが良いと思います。

 

[http://

 

しかし、以前に書きましたが

 

mimosawolf69.hatenablog.com

 

カウンセリング業界はグレーゾーンも多く

本当に病んでいる人が必要としているケアを

受けるためには少し注意が必要です。

 

※その辺りでも。脱暴力などのプログラムについてリンクを貼ることに躊躇しました。

 

気分がすぐれないときがたまにある、と

毎日、気分がすぐれず何もできない、は別です。

 

子供を叩いてしまった、と

毎日、子供を叩いてしまう、は別です。

 

当然ながら

必要なケアも別です。

 

カウンセラーと言ってもいろんな人がいるし

心理学といっても

自己啓発セミナーみたいなものや宗教みたいな

ものまであり

ヒーラー、ヒーリング、スピリチュアル、カウンセラー、心理○○○、

自己啓発セミナー、セラピスト

などの名前には注意が必要なものもあります。

 

もちろん、中には信頼できる方もいるでしょうし、 

相性がよく事態が改善する事もあるでしょう。

また、お楽しみや、ちょっと愚痴を聞いてほしい、

として通われることには全く問題ないと思うのですが

(それですめばそれでいい。)

 

 

通わせる参加させる側に悪意があり、お金儲けのためだけだったり

また、

通う側、参加する側が

カウンセリング業界をひとくくりに

してしまっていたり

判断が難しい性格特性や、状況だったりする場合

好ましくない因果関係が成立してしまいます。

(状況とは、わらをもつかむような精神状態だったり。)

 

信頼できる情報を集めたり

また、信頼できる機関や人物に

相談してみると良いのかもしれませんが

情報は、裏表をよくみて判断したいものです。

 

深刻な心の問題は、

精神科、心療内科、信頼できる資格を持った

カウンセラーに相談するのが良いと思います。
www.jsccp.jp

 

現在は、国家資格として公認心理士という資格がスタートしています。