Rock'n Rose High School☆696hs

アロマテラピー 5人子育て 放送大学にて心理学勉強中!

花粉症に使えるアロマテラピー

こんにちは!

5人子育て中

アロマテラピーインストラクター

放送大学で心理学勉強中

ミナコです。

 

花粉症の季節です。

[http://

 

アロマテラピーで役立てるとすれば

使い方について二通りの方向からのアプローチがあります。

 

ひとつは対処療法的に

困っている症状についての改善です。

 

二つ目は、人間の免疫力自体をアップさせる

です。

 

困りごとへの対応としては

鼻水、鼻詰まり

一般的には

ユーカリ、ペパーミント、ローズマリー、ラベンサラ、ティートゥリー

などの精油が使われます。

スースーする系です。

 

二つ目の免疫力アップならば

ティートゥリー、ラベンダー、ユーカリ、ラベンサラ、レモン

などが良いでしょう。

 

 

芳香浴ならば

水をはったアロマポットへ4~5滴です。

 

入浴時に精油を浴槽に垂らすのも

香りが蒸気とともに昇り

気持ちもリフレッシュし

大変気持ちの良いものです。

 

浴槽には5滴以下。

必ず何かに溶かしてからご利用ください。

お風呂のお湯にポトリポトリは危険です。

 

何かに溶かすの何かとは何か?

 

そうですね、家庭にあって入浴にむくもの

をあげてみると

牛乳、はちみつ、日本酒、

オリーブオイルやグレープシードオイルなどの植物油

重曹(食品グレードのもの)

 

などがありますか?

 

もちろん、アロマショップには

入浴時に精油を溶かす専用の

バスオイルが売っていて

これは、専用に作られているので

各メーカーそれなりに気持ちがよく使えるように

工夫されていることと思います。

 

精油を風呂で愉しむことは心の贅沢として

本当に気持ちがよいのでオススメです。

 

ちょっと難易度が高いですが

花粉症対策として

鼻の下などに塗れるクリームを作る

方法もあります。

材料はみつろうや植物油などで作るのが

一般的です。

アロマショップで購入できます。

重さや量を測りながら作りますが

ニールズヤードのみつろうは、1g一粒になっている

便利なものがあります。

 

www.nealsyard.co.jp

 

免疫力アップさせたいのなら

マッサージも有効です。

 

この場合も精油を直接塗り込むのはダメです。

 

キャリアオイルとして

アーモンドオイル、グレープシードオイル、ホホバオイル

等に溶かしてから使います。

 

10ml に対して2~4滴の精油です。

メーカーはどこのものを使ってもでる量は一緒です。

 

上にあげた精油を数種類混ぜて使うと

相乗効果があり、また、アロマテラピーが楽しくなります。

 

※大人の方を対象に記事を書いています。

基本的にアロマテラピーは、

乳幼児、子供、妊娠中、持病のある方には

注意が必要な場合があります。