Rock'n Rose High School☆696hs

アロマテラピー 5人子育て 放送大学にて心理学勉強中!

薬物取締法違反者その後の社会復帰について

こんにちは。

5人子育て中

放送大学で心理学勉強中

アロマテラピーインストラクター

ミナコです。

 

花冷えですね。

昨日はこのあたりでは

雪ご降ったり止んだり。

庭の梅のつぼみは膨らんできましたが

今日も寒い日です。

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

 

昨日の記事

 

mimosawolf69.hatenablog.com

 

今日の報道によると

ピエール瀧さんに発生する

違約金などの金額

5億円から30億円

報道各社により随分幅がありますが

売れていた芸能人だけに大変ですね。

 

薬物取締法違反で犯罪といえば犯罪なんだけど

彼が「薬物依存症」だとすれば、病気です。

 

犯罪者には、犯罪にまで至ってしまう過去があります。

 

人間は大なり小なり過ちを犯すもの。

 

彼だけに限ったことではなく

犯罪を犯してしまった人が

どうやって社会復帰できるように

まわりがサポートできるか?

が、大切ではないでしょうか。

 

現在、

薬物依存症者の問題を支援知る団体ダルクで活動しているらしい

 

 

 

田代まさしさん。

 

こんな本を出版されているんですね。

 

マーシーの薬物リハビリ日記

マーシーの薬物リハビリ日記

 

 

何度目かの逮捕のときには

正直、もう一生ダメだろうな。

と感じましたが

頑張っている姿をココに発見しました。

 

少し前にも

うたのおにいさん

杉田あきひろさんのコンサートのチラシをみかけました。

 

 

f:id:mimosawolf69:20190314145854j:plain

 

来る人がいるの?

という意見もあると思いますが

過去に罪を犯してしまっていても

彼らだって生活をしていかなければなりません。

(コンサート自体は無料だったかもしれません。)

 

犯罪は憎むべきことかもしれませんが

原因が

依存症という病気にあるのならば

本人までは憎めない。

と思うのです。

 

電気グルーウ゛といえば

テクノ界では世界的に有名なユニット。

 

薬物取締法違反での再販率は65%と高く

また、社会復帰を望んでも

仕事につけない、という現実があり

生活保護などの社会的サポートを受けるため

(薬物がやめられれば保護の申請がしてもらえる、ということらしいです。)

ダルクの門を叩く人も多いそうです。

 

本人が、毎日毎日、薬を絶つ努力も

大切ですが

周りや社会が

罪を犯してしまった人を

どう支えられるか?

社会復帰をサポートできるか?

も大切ではないでしょうか。

 

ピエール瀧さんの今後に期待します。