Rock'n Rose High School☆696hs

アロマテラピー 5人子育て 放送大学にて心理学勉強中!

最近、図書館で子供たちが借りている本

こんにちは。

5人子育て中

放送大学で心理学勉強中

アロマテラピーインストラクター

ミナコです。

 

この辺の図書館では

1度につき10冊までの本を

 1週間まで借りられます。

 

私自身も子供の頃に図書館に通っていました。

私の住んでいた地区には図書館がなく

小学校低学年でしたが

1週間に1度、休みの日私と、私の兄と、近所の友達と3人で

電車に乗り一駅向こうの街まで行きそこから数分歩いて図書館へ通っていました。

 

毎週借りていた本が何だったのかはあまりたくさんは覚えていませんが

借りてよく覚えているのは

学習漫画のシリーズで

忍者のひみつや豊臣秀吉

が面白くて何度か借りた事は覚えています。

 

 

忍術・手品のひみつ (学研まんが ひみつシリーズ)

忍術・手品のひみつ (学研まんが ひみつシリーズ)

 

 忍者って速く走るために背中に長い紐をつけて

それが地面につかないように走る練習するんですよ。

最初はそれが走って浮き上がる程度の長さから

地面につかないで走れるようになったら

少しずつ長くしていき

長くするそのたびに

それが地面につかないようになるまで練習すると

次第に速く走れるようになる、と書いてあり

「そっかぁ、これをやれば早く走れるな!」とか

「手品ひみつ」を読んで家でできそうな手品をやったりしたことを覚えています。

 

図書館のことについては以前にも書いていました。

 

www.696hs.net

 

下の子3人

No.3(小3女)

No.4(小1男) 

No.5 (年長男) 

を連れて緑行きます。

 

借りたい本は基本的に子供が勝手に持ってきます。

 

図書館で借りた本は

レジカゴバックに入れて管理しているので

借り終わった本は全部そこに入れて持って帰ります。

スーパーに置いてあるあのカゴです。

(100円ショップで買いました、でも、400円だったかな?) 

 30冊位の本を持ち歩いて管理するのには結構重宝しています。

(持ち歩くといっても移動は車ですが) 

 

子供の持ってきた本について

否定する事はほとんど、全く?ないと思いますが

子供たちの選んだ本以外に

私が、子供たちの好きそうな本を勝手に借りて

レジカゴバックに入れておくことはあります。

 

読んで。と声をかけることもありませんし

興味がなければ読まなくてもいいと思っていますが

意外と子供たちはあるものには目を通しているようです。

 

昔話だったり、漫画だったり、科学のともだったり

いろいろです。

子供たちが、好きそうだけれども

自分で選ばなそうなコーナーから適当に選んできています。

 

しばらく前に、水木しげるの本を数冊入れておいたところ

妖怪が面白いらしくハマって読んでいるようでした。

その後、No.4(小1) は DVD を借りていました

 

河童の三平 妖怪大作戦 VOL.1 [DVD]

河童の三平 妖怪大作戦 VOL.1 [DVD]

 

こういう「不思議なもの」にハマる年齢ってありますよね!

 

No.3(小3女) は最近「サザエさん」にはまっているようです。 

 

おたからサザエさん 1巻

おたからサザエさん 1巻

 

 

3人とも「ドラえもん」はよく借りて読んでいます。 

ドラえもん(1) (てんとう虫コミックス)

ドラえもん(1) (てんとう虫コミックス)

 

 ドラえもんがいたらいいのになぁ。と度々言っています。

 

私の母も子供の頃に読んだと言う

「サザエさん」 や

  1969年から連載開始の「ドラえもん」

 

ja.m.wikipedia.org

 

水木しげる

長谷川町子

藤子・F・不二夫

 

ー 時代が変わっても子供たちには面白いのですね。

 

No.5は、ウルトラマンの本などを借りている時も多いですが

前回見かけた時は

リサとガスパールのシリーズを大量に借りていました。

 子供ができるお料理の本を借りている時もあります。

 

リサとガスパールのであい

リサとガスパールのであい

  • 作者: アングットマン,ゲオルグハレンスレーベン,Anne Gutman,Georg Hallensleben,石津ちひろ
  • 出版社/メーカー: ブロンズ新社
  • 発売日: 2002/05/01
  • メディア: ハードカバー
  • 購入: 2人 クリック: 452回
  • この商品を含むブログ (49件) を見る
 

絵も可愛らしいし

いわゆる「いい子」ではなく

いたずらをしたり失敗をしたりの

リサとガスパールの子供らしい心の動きが自然で私も好きです。

 

以上、最近 うちの子供たちが

図書館で借りている本について書いてみました。