Rock'n Rose High School☆

アロマテラピー 5人子育て 放送大学にて心理学勉強中!

虐待を受けて育った子供は親になって虐待をするのか?

 

こんにちは。 

5人子育て中

アロマテラピーインストラクター

放送大学で心理学勉強中

ミナコです。

 

昨日は、母の日でしたね。

 

母の日の始まりは100年ほど前にアメリカの女性が

自分の、亡き母を追悼するために

 フィラデルフィアの教会で

赤いカーネーションを配ったことが始まりと言われています。

後の1910年ウェストバージニア州の知事には5月第二日曜日を「母の日」にすることを宣言したことから

 やがてアメリカ全土に広がったそうです。

日本では明治末期に最初の母の日が行われ

大正時代には

日曜学校や教会で行なわれるようになり

やがて一般に広がりを見せたようです。

 

もともとは、キリスト教の行事だったのですね。

 

完璧な家族なんてなく

それぞれがちょっとずつ歪んでいて

母親だって人間なのですから

歪みや未熟さがあるものです。

(父親だって一緒です) 

最近、私亡き後

どんな風に思い出されたいか?と考えました。

 

月日が流れ多くの記憶が消えていき

印象の強かった記憶が残るものです。

 

母ちゃん

いつも怒ってたなー。とか

いつも夫婦喧嘩してたな。と思い出されたくはないものです。

 

 

今日、はてなブログのトップにあり 

たまたま読んだ

ハルオサンのブログ。

胸に迫るものがありました。

 

www.keikubi.com

 

結構、ヘビーな過去について書いてあります。

 

まぁ、読んでいただけば良いのですが

 

ハルオサンと 婚約していた女性が

子供の頃、小学校へ通わせてもらえなかったこと。

その理由が

シングルマザーのお母さんが始めた

スピリチュアルセラピーのお手伝いをさせられていたこと。

小学校へ行きたいと彼女が言うとお母さんに殴られていたそうです。

子供を使ってお金儲けをするために小学校へ行かせない親。

小学校へ通えなかった彼女も悲しい思いをしていたと思いますが

お母様自身も寂しさや悲しさを抱えていたのかもしれません。

 

www.696hs.net

 

子供の虐待の話を聞くと

その親を責めがちですが

まず、親自身が孤独や寂しさ、不安を抱えていると思うのです。

子供を救うのは大前提ですが

舞台をしてしまう親自身を幸せにしなければ問題は解決しないのです。

 

 

この記事を書いたハルオサン自身も

お母さんにに殴られたり、熱湯を浴びせられたりしていたのだそうです。

お父さんは宗教や霊感商法にはまっていたそうです。

 

ハルオサン は記事の中で

 

殴られて育った子供は自分の子供も殴るようになる。

クソ親からクソ親が生まれ・・・またクソ親が生まれる。

 

業が深いよ。

 

と、書いておられます。

 

一般的に、世間の認識として

虐待されて育った子供は自身の子供を虐待する。

と言うのがあります。

 

果たしてこの認識は事実なのでしょうか?

 

実は、

子供を虐待している親の、

その親が同じように子供を虐待していたと言う事は

(虐待している親は子供の頃に自身も虐待されていたと言う事ですね。) 

確かに多くあるようですが 

 

意外と知られていないのは

 

虐待を受けていた子供が親になり

自身の子供を虐待する割合は3割程度らしいのです。

 

つまり、虐待を受けていたとしても親になり

自身の子供を虐待しない人は

 

なんと、7割と言うことになるわけです!

 

(私も今日勉強をしていて知った事実です。) 

 

こちらに紹介されている方は存じ上げないのですが(失礼!) 

虐待されていた子供が親になり虐待する確率と言う点について触れられていますので貼っておきます。

www.asahi.com

 

 

7割の過半数の人たちは自分が虐待を受けて育った

辛い体験があるため

自身の子供には同じ思いをさせないように努力をしていると言う事なんですね。

 

[http://

 

最近、ご結婚をされたというハルオサン。

ご結婚おめでとうございます。

 

虐待の連鎖をしないため

胸に深く刻みつけようとこの記事を書かれたそうです。

 

 努力して前向きに生きる姿がすばらしい!

 きっと、暖かく幸せな家庭が築けることでしょう!

 

発達心理学では

人間は一生に間、成長していくと考えます。

 

虐待されていたといえども

必ずしも

自身が自分の子供を虐待するとは限らないのです。

 

ハルオサンだけではなく

虐待の連鎖をたちきりたい方々が沢山いらっしゃると思います。

 

繰り返します

虐待の連鎖は3割です。

 

アドバイスとしてつけ加えるのは

うまくいかないときや心配なときは

ぜひ、専門家の力を利用してください、ということです。

 

ハルオサンの決意

 胸に込み上げるものがありました。

 

応援しています!