Rock'n Rose High School☆696hs

アロマテラピー 5人子育て 放送大学にて心理学勉強中!

ほうれい線対策 小顔効果 リフトアップに 「あいうえお体操」

こんにちは。696hsへようこそ。

 

5人子育て中

アロマテラピーインストラクター

放送大学で心理学勉強中、ミナコです。

 

もくじ



ほうれい線とのつきあいはできる限り先延ばしにしたい

若かりし頃は肌にハリ弾力がありますが

年齢とともに顔全体の皮膚が下がってきます。

こうなってくると口の両側に、ほうれい線といわれるシワができます。

ほうれい線ができると見た目がずいぶん老けて見えるようになります。

  

ほうれい線とのつきあいは

できる限り先延ばしにしたいものです。

また、できてしまったほうれい線を

目立たなくする方法はあるのでしょうか?

 

 

リフトアップしてほうれい線を目立たたくする方法

そうだ!顔のリフトアップだ!

どうすればリフトアップできるのでしょうか?  

 

・美容マッサージ

エステはなかなか高いし、時間もない。

自宅でマッサージしましょう。

マッサージを習慣化することで

肌の血行や、リンパの流れがよくなり老廃物の排出が促されます。

やらないよりはやったほうが

間違いなく、にっくきほうれい線を先送りできそうです。

 

動画もあります。

 

www.shiseido.co.jp

 

・アロマテラピー

 マッサージをするには肌の滑りん良くするため

マッサージオイルやマッサージクリームが必要です。

アロマテラピーには、

美肌、血行促進、デトックス、加齢肌、シミシワなどに効果的なものがいくつもあります。

特に、ジャスミン、ローズ、フランキンセンス、ネロリ、ゼラニウムなどは

女性の美肌の強い味方です。

自分ではマッサージオイルを作るのも素敵ですが

ニールズヤードのフランキンセンスのクリームは

何年も変わらずに女性に支持され続けています。

 

香りのニールズヤード、もちろん香りも素晴らしい!

 

・美容針 

鍼灸を美容に用いる「美容針」

ツボや経絡への刺激は、血行促進、老廃物除去などを促進し

また、リフトアップ、美肌などの効果があります、

 

www.j-face.jp

 

ここまで、色んな方法をみてきましたが

もっと簡単な方法がありました。

 

表情筋を鍛えることが、ほうれい線対策になる!

f:id:mimosawolf69:20191210124135j:plain

acworksさんによる写真ACからの写真

以前、歯医者さんに定期検診に行った時のことです。

 

その歯医者さんには

口をゆすぐ、コップをおくとジャーって水が出る

シンク?のわきに

歯科医院からのお知らせだとか

院長のコラムみたいな印刷物が置いてあります。

口をゆすぐときに。丁度、目に入るんですが

そのとき、目に入ったのは

 

表情筋を鍛える

 

「あいうえお体操」

 

間違いなくなんらかのお口の健康のために

書かれていたのでしょうが

そこは、すっかりスルーで

目に入ったのは

 

表情筋を鍛えれば

 

美容にも効果的!

ほうれい線が消える!

 

目が釘付けです!

 

やり方は

表情筋を意識して

 

「あいうえお」

 

の口の形を作るだけ。

 

 

なんですと?!

 

「あいうえお」

 

するだけで、

 

ほうれい線が消える??!

 

・・・ですと???

 

 

あんまり簡単すぎて説明が短文で終わってしまいます。

 

「あいうえお体操」 のやり方

詳しく書いてあるサイトも貼っておきましょう、 

feely.jp

 

「あいうえお」の実行だけで

ほうれい線消えたり

リフトアップしたりするなら

ぜひ、やってみたい〜!

 

もちろん上記

・美容マッサージ

・アロマテラピー

・美容針  

 

など組み合わせればさらに効果的でしょう!

 

期待できます!!!

 

 

ほうれい線対策マウスピースも販売されている

……あ、そういえば

この記事書こうと思って準備していたら

思い出したんですが

 

10年くらい

前かな?

 

こんな感じのマウスピース愛用してました!

 

Cutona(キュトナ) 小顔 マウスピース 歯ぎしり 顔痩せ 【お得な4つセット】
 

愛用していたものは

仕様がちょっと違って

 

左右の口角に引っ掛けて 

 

「う」 

 

 

 

の口をひたすら作るというものでした。

 

あれは、なかなか良かったです。

 

時間や場所を決めておけば毎日、続くかな?と思い

毎日、食器を洗いながら

マウスピースを口に入れて「う」の口を作り続けました。

  

 あれも簡単に出来てなかなか良かったです。

 

2020年2月 加筆修正しました。