Rock'n Rose High School☆696hs

アロマテラピー 5人子育て 放送大学にて心理学勉強中!

中高年 ひきこもり 満たされなかったもの

こんにちは。

5人子育て中

放送大学で心理学勉強中

アロマテラピーインストラクター

ミナコです。

 

放送大学で7月頭に

単位認定試験があり

時間を作って勉強しています。

 

大山泰宏 教授の

人格心理学心理学が面白いです。

 

特に、インターネット普及の影響が

人格にどのような影響を与えるのか?

というあたりが面白いです。

 

大山泰宏 教授によると

 

SNSの普及により

いつも誰かと繋がっている状態のわたし達。

 

自分と向き合い自分を作り上げる時間がないことは

自己の形成に影響を与えるのではないだろうか?

 

また、携帯端末により

 

いつでもどこでも

簡単に自由に誰かと繋がることができるということは

 

会えない時間が作り出していた

その人物との信頼関係を

返って希薄にしまったり

信じる力を、逆に、不安を煽ってしまうという

ことが考えられる、との事です。

 

 

SNSも携帯端末も便利なんですけどねー!

 

f:id:mimosawolf69:20190516135915j:plain
 

ひとりで勉強するのは大変だけれど

好きな勉強ができることは楽しいです。

 

今、やっている勉強は

思い返せば

私がやりのこしていたことかもしれません。

 

www.696hs.net

 

先日の記事です。

表現が稚拙で伝えたいことが伝わらなかったかもしれませんがー  

 

やり残したことが事物で

それをやりたい!もあると思うのですが

 

やり残した事=心が満たされる事

の場合もあるわけです。

 

で、どちらかというと

この「心が満たされる事」をやり残してしまっていると

大変で

それについて

本人が気がついている場合もあるだろうし

全く気がついていないけれど

何かに追い立てられるように

心を満たすための行動に

走ってしまうことがあるんだろうな、と思うわけです。

 

心が満たされるとは

 

ありのままに生きられる

そのままの自分を否定されない

認めてもらえる

安心安定が得られる

愛されている

愛情をかけられている

 

と言うようなことでしょうか。

 

ひと言で言い換えれば

 

心が満たされる=愛されている実感

 

という事かもしれません。

 

これらが満たされていないと

いつまで経ってもそれらを満たそうとしてしまうのです。

 

つまり、それが大方、叶ってきた方の場合は

取り返そうとすることもそれほどないわけです。

 

やり残した事を取り返すのには

年齢を重ねれば重ねるほど難しくなります。 

 

headlines.yahoo.co.jp

 

小さい頃から

お母さんから生き方を強制されて来た方の記事でした。

 

体への虐待もあったそうですが

子供の生き方を思い通りにしようとすることは

精神的な虐待にあたります。

 

最後に

56歳の彼の気持ちとして

たったひと言

お母さんに謝って欲しい、との事。

 

彼の言うように

お母さんが謝ってくれる時が来るならば

その時に

二人の間に愛情というものが流れるのかもしれません。

 

お母さんは、愛情のかけ方を間違えてしまったのですね。

愛し方のわからない気の毒な方とも言えます。

 

子供にも個性がありますので

同じような環境にあっても

反発して家を飛び出すような子供もいるのでしょうが

大人しい子供は黙ってそれを受け入れてしまいます。

 

この記事にでてくる彼は

黙って受け入れてしまうタイプだったのかもしれません。

 

子供の頃、やり残してしまった

愛されている実感を

ずっと追い求めているようにみえます。

 あた、自分で選べなかった自分の人生を

必死にやり直しているようにもとれます。

 

彼のお母さんが生きているうちに謝ってくれないのなら

彼の本当の人生はお母さんが亡くならないと

はじまらないのでしょうか?

 

 

なお、ひきこもりの原因は

 

リストラなど会社との関係で生じる場合

うつ病などの精神疾患

コミュニケーションが取りづらい

自信のなさ

 

などが考えられ

 

今日は、こんな風な記事を貼りましたが

必ずしも家族関係に原因のあるということはありませんし

(ひとつの要因としてある場合もある)

 

甘やかして育てられたから、とか、心が弱いから

引きこもりになる、という事ではないと思います。

 

逆に、厳しく育ててしまい

生き方を強制してしまう方に問題を感じます。

 

 

原因は、簡単には言えませんが

 

個人の性格や資質、特性

家庭環境

社会状況

 

などが複雑に絡み合っていると思うのです。

 

いずれにしても引きこもっていて問題を抱えているとすればですが

原因を見極め

それぞれのパターンにあった解決策が必要です。

 

見極めは、やはり専門家へ相談するのが一番です。

ただ、弱っている人たちにつけ込む

引きこもりビジネスなどもあるようですので

まずは、公的な機関へ相談することから始めてはいかがでしょうか?

 

※ 個人的には状況が許される状況にあれば

そういう生き方もあり!とおもいますが、誰かの人生や自分の人生が困っているのならば工夫した方が良いと思います。