Rock'n Rose High School☆

アロマテラピー 5人子育て 放送大学にて心理学勉強中!

校則は学校側に都合があり個人を大切にしていない

こんにちは。

5人子育て中

アロマテラピーインストラクター

放送大学で心理学勉強中

ミナコです。

 

今朝、洗濯物干していたら

そばにいた

No.3(小3♀)が

 

花火やりたーい。

 

というので

 

あ!もうすぐ夏休みだからやったらいいよ。

 

というと

 

でも、なるべくこの日にやってください、っていう日が決まっているんだよー。

 

でもさー、なんで花火をこの日にやっていい、なんて

決まってるの?おかしくない!?

 

はいはい、母も全く同感ですよ。

 

花火なんてやりたい時にやればいいじゃん。

 

音が大きい花火を夜にやってはいけない。

 

とかはわかりますよ。

 

でっかい打ち上げ花火あげるわけじゃないんだから

なぜ、そんなことまで決まっているのか不思議です。

 

え?もしかしてこの学校の決まりって

わたしの住んでいる、この辺りだけ?

 

で、こんなふうに

学校を含めた社会には

 

なんじゃ、そりゃ?

 

という決まりが色々あるわけなんですが

 

こういう決まりです。

 

と言われると

大人でも

 

あ、そうなんですね。

 

と受け入れる人もいると思うのですが

 

自分の思想というものは

 

え?なんで?

 

と疑問に思うことや

 

ある事柄について

 

共感したり

逆に、違うだろっ!

 

と思うことから始まります。

 

娘の発言から

思春期に入ったのか

すでにアイデンティティの確立が始まっているのを

感じ頼もしく感じました。

 

小さいうちの

 

なんで?どうして?

 

も大切ですが

 

思春期の疑問も大切にしたいものです。

 

で、ここからは

ちょっと不思議な学校のきまりや校則について

考えてみたいと思います。

あくまでも個人的な意見です。 

→(矢印以降はわたしの意見などです。)

 

 

小学校

・既出ですが、花火をやってもいい日が決まっている。

→花火をやりたい日は他人に決められたくない

・無言清掃

→(No.3が言うにはうちでやっていたらおかしい、というようなことは、学校でやっていたらおかしい、との事。例えば、うちで掃除するのに黙っていたらおかしいでしょ。と言っていました。 )

・交換日記などの禁止

→文字を書いたり考えたりすることは、国語力になり、また、自分自身を知るということは、文字を使わなければできない。自分や友達について知ることにつながる。友達とのコミュニケーションが深まる。

・あだ名の禁止(名前にさんづけで男女ともによぶ)

→相手が嫌がらないものなら問題ない。人間関係の距離も縮まる。

 

中学校

・買い食いはダメ。子供だけでファーストフード店に入ってはいけない。

(先日、学校に意見しました。変更になりそうです。 )

→お腹が空いたり喉が乾いたら食べたり飲んだりするのは普通のこと。

・学区外へは子供だけで行かない。(数年前になくなりました。)

→数年前になくなた校則ですが、当時の校長先生が

電車に乗ることなどの社会経験は将来の為、必要。と仰ったそうです。

・学校に用事があるときは、休みの日でも制服を着て行く。

→学校には忘れ物をして取りに行く時も、あわてて制服に着替えて出かける姿を疑問に感じる。

・冬服、夏服を着る期間が決まっている。

→寒さを感じたり暑さを感じたりは個人差がある。

寒いから厚着をする、暑いから薄着をするのは当たり前のことで

誰かに決められたくない。

 

まだまだ、ありそうですがこのくらいで。

皆さんも疑問に感じた校則ご存知でしたらコメント欄より教えてください。

 

こうして、振り返ってみると

教師が生徒を管理しやすいように作られていることに

重きが置かれてしまっていて

生徒本人を大切にする、と言うことが

軽んじられているのを感じます。

 

決まりに従ってもらえば

たくさんの人数を管理するのにしやすいのでしょう。

  

教師がよく言う

学校の決まりを守ることは社会にでるための訓練

学校の決まりを守れないと社会の決まりも守れない

 

この言葉は、やがて社会人になることへ繋げていくため。

ならば

 

子供たちも

その社会人である大人と同じではいけないのでしょうか?

社会にでる為の訓練というならば

むしろ、社会人のルールを適応すれば良いと思うのです。

(日本人としての文化などもありますので全て自由にとまでは言いませんが ) 

 

そもそも、子供を一人前の人間として

尊重する、信頼する、という発想がぬけていませんか?

 

校則は学校側の都合を大切にしてはいますが

子供という個人を大切にしていない、と感じるのです。

 

www.696hs.net

 

海外の学校の決まりについての動画です。

 

 3分40秒位からのアメリカの中学校の校長先生の話や

13分40秒あたりからの

フィンランドの高校生の話が面白いです。

youtu.be