Rock'n Rose High School☆

アロマテラピー 5人子育て 放送大学にて心理学勉強中!

校則は学校側に都合があり個人を大切にしていない おまけ

こんにちは。

5人子育て中

アロマテラピーインストラクター

放送大学で心理学勉強中

ミナコです。

 

子供な学校の文化祭へ行った時のこと

 

聞こえてくるバンドの音が

 

リンダリンダリンダだったり

 

youtu.be

BABY BLUEだったり 

youtu.be

 

しかも、結構な盛り上がり方で

 

え?!一体、何時代?!

 

時代は、戻ってるの?すすんでるの?

 

と考えました。

 

アイロンビーズのコーナーがあり

子供が作品を作らせてもらったんですが

向かい側の机に

70代半ばか、それ以降ぐらいに見える

おじいちゃんが

もくもくとアイロンビーズで作品作ってるんですよ。

 

アイロンビーズってわかります?

 

大きめのビーズを型に並べて

好きな形やキャラクターにして

それを、アイロンで温めると

ビーズがくっついて固まるんですよ。

 

こんなのですよ。 

パーラービーズ 筒入り 11000P

パーラービーズ 筒入り 11000P

 

 

そのおじぃちゃん、ひとりでもくもくと

なに作ってるのかな?と見たら

なんと、ツムツムのミニーちゃん作ってたんですよ。

 

ディズニーツムツム アイロンビーズ (レディブティックシリーズno.4237)

ディズニーツムツム アイロンビーズ (レディブティックシリーズno.4237)

 

 

帰ってきてから

 

おじいちゃん、ミニーちゃん作っていたよね。

 

と、子供と話していたら

 

No.32(小3♀) が

 

そうだ!あのミニーちゃんおばあちゃんにあげるんじゃない?!

 

と言ってました。

 

子供の考えてることって可愛いー!

 

www.696hs.net

 

↑ 昨日の記事

について思ったんですが

 

日本人の国民性として

調和を大切にする文化なんですよね。

 

だから、みんな一緒に仲良くを大切にするんですよ。

 

それは、良いとか悪いとかではなく

そういう文化だ、ということなんですが

 

日本ではみんなと上手くやること。

がとても重要視されます。

 

みんなと違ってる、とか、はみだすことって

嫌がられるわけで

このあたりに馴染めなさを感じる人は

うまくいかなさ、を感じるのではないでしょうか。

 

そもそも

何十年も続いてきた校則の背景には

このような国民性というこがあるのかもしれません。

 

しかし、社会とは

もともと違う個々人が集まって  

 作り上げているものです。

 

校則に限った話ではありませんが

各々ちがう個々人が集まっても

みんながうまくやれる

ということに、もうちょっとフレームが

向けられても良いと思うのです。

 

話がまとまりなく、アチコチしますが

今日は、まとまりないまま書いておくことにします。

 

ある程度の年齢になって

 

自分がされて嫌なことは人にしない。

    

と教えることがあるかもしれませんが

 

この価値観は、社会にでても当たり前で一緒です。 

 

このようなことは校則になくとも

大人が子供に教える?というか

価値観を伝えたほうがよいとは思うのですが

 

どんな子供がそれをできる大人に育つか。

 

教えればできるわけではなく

 

やはり、誰かに自分を思いやって育てられた子供にしか

本当のその力は育たないと思うのです。

 

自分が困っている時に

誰かが助けてくれた。

というような経験が心を育みます。 

 

ですから

他人の心を思いやる子供を育てたいと思えば

     

自分が子供の心を思いやっているか?

または、家族を思いやる姿をみせているか?

ではないでしょうか。

 

子供が困っている時に

それを責めたりする、ということを

日常的にいつもしていれば

友達が困っている時に

友達を追い詰めてしまう、ということがあらりえます。

 

自分がされて嫌なことは人にしない

 

ように育てたいならば

 

自分がされて嫌だな、と思うことを

自分の子供にするのは、できるだけ避けましょう。

 

おもらししたらお母さんに叩かれた、とか

お手伝いしていたらお皿を割って叱られた、とか

 

自分が失敗した立場に置き換えれば嫌でしょう。

わたしは嫌です。

子供だって失敗したくてやっているわけではなくて

一生懸命やっているけれど失敗してしまうこともあるのです。

だいたい、叱ってもできるようにはならないし

萎縮するほどに叱ってしまえば返って失敗は酷くなります。

 

反対に

他人を思いやる子供に育って欲しいと思えば

自分が自分の子供を思いやればいいし

また、家族を思いやる姿をみせればいいのです。

 

あ、校則とは随分話が離れてきてしまいましたが 

 

色々感じるところがあり、バラバラと書きました。

 

それでは。また。

 

ご意見ありましたらコメント欄より教えてくださいね。