Rock'n Rose High School☆

アロマテラピー 5人子育て 放送大学にて心理学勉強中!

子供が泣くのはいけないことなのか?

こんにちは。

5人子育て中

アロマテラピーインストラクター

放送大学で心理学勉強中

ミナコです。

 

夏休み中のお昼ごはん作りが苦痛で仕方ない

仲間の母さん達

 

今日のわが家のお昼ごはんは

 

ハンバーガーです。 

 

材料を揃えてテーブルに並べると

子供が勝手に自分のハンバーガーを作ります。

 私は、ハンバーグを焼くだけです。

 

用意した材料は、

バンズ、スライスチーズ、レタス、

ハンバーグ、ケチャップ、バター。

 

 

しばらくブログの更新を怠ってしまいました。

その間、何を食べていたか振り返ってみます。

 

最後(前回)の記事は、コンビニ飯でした。

 

www.696h

 

30日→グラタン  残り野菜で作りました、

 

f:id:mimosawolf69:20190730193911j:plain

 

31日→焼きそば  夏休み中お昼の定番

 

1日→コンビニ飯  イベントがあり忙しかったし、暑かったので

食べられるときに食べたいものを。とコンビニ行きましたが、

ちびっ子3人組は、おにぎりやカップラーメン!

わたしは、冷やし中華とビール。上二人は不在でした。

 

2日→冷やし中華、焼売(崎陽軒温めるだけの。)

 

3日→味付けカルビ、スープ  スープは朝ごはんの残り

 

4日→そうめん   夏休みに入ってすでに2度目

 

 連日の猛暑で先程、学校より

プールサイドの気温が41度を超えたため

明日のプール解放はお休みです、との

メール配信がありました。

 

…………よ、よ、よ?!よんじゅういちどだと?!

 

また、前回プール解放が中止になた日は

気温は33度でしたが、水温も33度。

・・・・・・あつーい!ってプールに飛び込んだら、全く変わらないっ! 

 

って、想像したくないですね!

 

 

まだ、猛暑が長引くそうです。

皆さまも、体調管理にお気をつけ下さいませ。

 

tenki.jp

 

今日は、「子供を泣かせたらいけないのか。」 について考えてみます。

 

赤ちゃんは泣きます。

言葉を使えない赤ちゃんは

お腹が空いたよー、とか

不快だからなんとかしてよー、みたいな事を

伝えるために「泣く」わけです。

 

全く問題がありません。

むしろ、全く泣かない赤ちゃんは心配です。

 

では、もう少し大きくなった幼児期ではどうでしょうか。

言葉が話せて理解出来る年齢です。

泣かせてはいけないのでしょうか。

 

 

まず、「泣く」 ことで体に起こることから。

「泣く」 という行為が起こると体に変化が起こります。

人間の体には自律神経というシステムがあります。

自律神経には、

交感神経と

副交感神経

の、2種類があり、これは状況により

どちらかひとつが優位になり

どちらかひとつが下がっています。

(活動が落ち着いている)

 

大まかに表現するとすれば

交感神経は、人間が活発に活動する時優位になり

副交感神経は、人間がリラックスする時優位になります。

 

感情の昂りや興奮状態がある時は交感神経が優位になっていますが

そこで、涙を流すと

副交感神経が優位になります。

リラックス状態になるわけです。

 

つまり、人間の体は

涙を流すことで感情のバランスをとっているのです。

 

また、涙が流れると他にも

 

ストレス発散

痛みの軽減

 

などの効果があるのです。

 

 

www.j-wave.co.jp

 

reme-nomal.com

  

 

涙を流すことは、子供にも大人にも必要な心身の機能といえます。

 

また、前述の

言葉を獲得している年齢の子供が

泣いて訴える事についてですが

 

言葉を使えたり、理解出来ることが、

イコール

自分の気持ちを表現出来ることではありません。

 

これは、大人になっても

上手い人がいれば、それが苦手な人もいるのです。

 

自分の気持ちがどうであるかを把握して

また、さらに他人に伝えることは大人でも意外と難しい のです。

 

そして、まず、ひとつの段階として

子供が「泣く」ことで感情が表現出来ているのは素晴らしいことです。

 ※「泣く」ことを心の奥へおいやってしまうと「泣く」ことができません。

 

泣いている子供を

「泣くのはやめなさい!」と叱ったり

「なんでそんなことで泣くの。」と笑ったり

するのはやめましょう。

 

また、「泣く」ことで感情を表現しているのに

お菓子などでつって

気持ちを切り替える必要や

無理に泣き止ませる必要もありません。 

(場所や状況によっては、そうも言っていられない時もありますが。) 

 

泣きたい時は、泣いた方がスッキリします。

 

子供が泣きだしたら

「どうしたの?」などと声をかけ

気持ちによりそってあげることで

子供は安心します。

 

子供が表現できないけれど

明らかに理由がわかる場合は

「〇〇〇したかったんだね。」 

など、代弁してあげるのは

気持ちを言語化する練習に有効だと思います。

 

また、

子供が要求を通そうとして

泣いている場合は

叶えられる要求ならば聞いてやればいいし

叶えられない要求ならば聞いてやることはありません。

 

これは、個人的な意見ですが

 

要求を聞いてもらえるか?

要求を聞いてもらえないか? 

 

は、あまり問題なくて

 

子供の気持ちが満足したかどうかのほうが大切だと思うからです。

 

例えば

 

とても買えないようなおもちゃを欲しがって泣いたら

 

抱き上げてやり

「欲しいよねー!カッコイイもんね!」

 

などと共感する、というようなことです。

気持ちに寄り添ってつきあうのです。

 

 

また、泣いているからには必ず理由があります。

基本的には、子供たちは

 

お母さんやお父さんを困らせてやろう。

 

と考えて泣いているわけではありません。

 

泣いている理由は

時に、泣いている理由が、目の前にあることではない場合があります。

 

例えば

おもちゃばかり欲しがっていつも泣く子供が

本当は、お母さんお父さんへの

寂しい気持ちを抱えて

要求を通そうとしている場合などです。

 

(3歳までのスキンシップは大変重要です。)

 

最後に、泣きだした子供に

お母さんやお父さんがイライラしてしまう場合についてです。

 

わかります、わかります。

 

イライラして「うるさいっ!」と怒鳴ってしまったり。

 

これについては

泣き出す子供について

なんらかの大人がイライラしてしまう状況があります。

 

状況が改善できれば改善を図ることと

 

泣きだした!→イラッ!

になったらどうするかをあらかじめ考えておくといいですね。

 

ワーッ!と泣きだしたら

他の部屋に移動するとか

台所に行って、水を飲む、などです。

 

怒りは、最初の6秒をコントロールできれば

抑えられるという説もあります。

 

hyakkei-online.com

 

義母や義父、または、世間がなんといっても

泣ける子供(大人)は健康な子供です。

 

マナーなどの話は今回、無しとして

お母さんお父さんが

子供を泣かせる。ということについて

神経質になる必要はないと思うのです。