Rock'n Rose High School☆696hs

アロマテラピー 5人子育て 放送大学にて心理学勉強中!

勉強のやる気スイッチ?子供が勉強嫌いになる理由

こんにちは。 

 

今までのブログタイトル 

Rock'n Rose High School☆

696hs

をつけくわえてみました。

 

 

5人子育て中

アロマテラピーインストラクター

放送大学で心理学勉強中

ミナコです。

 

今年、小学校に あがった

No.4

学校で習った勉強で

言葉が読めるようになってきました。

    

町で見かけた看板を読んだり

一緒に広げた絵本の言葉を拾い読みします。

 

勉強が楽しいそうです。

 

読み上げる様子をみていても

勉強して世界が広がることが

楽しそうに見えます。

 

No.3(♀)は

小学校3年生です。

先日、うれしそうに

 

ママ、ローマ字習ってるんだよ!

 

と言って

宿題でもないのに

ローマ字を書いていこうかな。

と言っていました。

ひとりで好きな習字をやっているときもあります。

 

No.5(年長♂)も

毎日、文字のようなものを

一生懸命書いては部屋に貼り付けたりしています。

 

彼らは勉強が楽しそうです。

 

私も、放送大学の勉強が

とても楽しいのです。

 

本来、勉強することって楽しいことですよね。

 

何かに興味を持ったり

何かを知ったり

何かができるようにたりすることは

本来、楽しいことですよね。

 

ところが、

本来、楽しいはずの勉強が

いつからか、 嫌われはじめるのは

どうしてなんでしょうか。

 

この、小さい頃の 

 

勉強することって楽しい!

 

をできるだけ育てていくことはできないのでしょうか?

 

「やる気スイッチ」 という言葉は

うまい表現だとは思いますが

スイッチにはONとOFFがあります。

 

小さい子供たちの

勉強派楽しい!

には、OFFはありません。

 

やる気=楽しい! 

ではないですが

 

楽しいことには

わさわざ、スイッチをONにしなくても

やる気はもともと付随しています。

 

 

以下、

楽しいはずの勉強が嫌われ始めることについて

考察してみます。

専門家ではない私的な意見として

お読みください。

 

もくじ

 

 

☆日本の子育てはダメ出し文化である

外国に住んだことないので

実際、どこの外国がどうなのかは知りませんが

日本の子育てって、「ダメ」に注目しますよね。

子育て全体がダメ出し文化になっていると思うんですよ。

教育も同じです。

出来ないことをなんとかやらせよう、とか

30点を100点に少しでも近づけさせようとしたり。

自分が努力したいという気持ちで

やるのは構わないですが

誰かにやらされる努力なんて面白くないものです。

元来、人間は

人に指図されたり誰かに言われて、やることを嫌い

自分で選んだことをやりたがるものです。

 

「ダメだし」子育てについては過去にも記事がありました。

www.696hs.net

www.696hs.net

 

☆まわりが比べたりジャッジする

つまりテストとかもそうですけど

まわりと比べて自分の結果がどうか?

というところに着目してしまうと

自分が楽しんでやった、とか

一生懸命やった、という

経過がないがしろになりはしませんか?

大切なのは結果がどうか?よりも

何がが楽しくて知りたい!という、いわゆる経過ではないだろうか?

結果より経過。

また、その経過や結果について

自分でない他人にジャッジされるのは嫌なものです。

 

☆個性はバラバラなのに皆同じ勉強

勉強の方法もそうですが

今日は、科目について。

 

小学校、中学校の勉強は

個人的には、苦手な勉強もある程度は

やった方がいいと思いますが

みんな、おしなべて

ハイ、これをどうぞ。と用意されたものを

100点に近づけるように

やらされるのは、面白くはないですよね。

 

高校生になるとある程度、選べる学校もありますが

専門学校や大学などで

自分のやりたい勉強をするのは楽しいですよね。

社会人になっても

やりたい仕事のために勉強をするのも

一緒です。

 

 

www.696hs.net

 

以上、3点

勉強がだんだん嫌われる理由について

考察してみました。

また、思いついたら書くかも知れません。

他にも気がつくことがありましたら教えてください。

小中学生を子育てしてるママへ 子育てブログ・テーマ
小中学生を子育てしてるママへ

  

野菜ソムリエも楽しそう!