Rock'n Rose High School☆696hs

アロマテラピー 5人子育て 放送大学にて心理学勉強中!

虐待や過干渉する親は悪いのか?

こんにちは。

696hsへようこそ。

 

5人子育て中 

アロマテラピーインストラクター

放送大学で心理学勉強中 

ミナコです。

 

昨日の記事に続きます。

 

www.696hs.net

 

f:id:mimosawolf69:20191007183423j:plain

写真ACより引用


 

 子育てについて満点でした、

みたいな正解というものは

なかなかないですよね。

私自身も

迷ったり、悩んだり、後悔したり

日々、試行錯誤しながらです。

 

 

 

私は、自身の子供を、

虐待や過干渉、放任してしまう方を糾弾するつもりはありません。

 

ワイドショーなどでは

事件がおこると

虐待ならばその親を

また、

子供(成人でも)が事件を起こすと

育てかたが悪かったから、などと

その親を責めがちです。

 

しかし、

家庭というものは非常に危ういもので

バランスが崩れれば

どこの家庭にでも問題は起こりうるのだし、

また、周りからは幸せに見える家庭でも

実は、深刻な問題を抱えていることもあります。

 

また、

親として好ましくない行動をしてしまったとしても

その行動は改めた方がよかたり

場合によっては罪を償うような事態になってしまっても

その人自身が悪いわけではないと思うのです。

罪を憎んで人を憎まず、です。

 

人は環境に影響を受けるものなのです。

人は、環境や状況が追い詰められれば

好ましくないととられる行為を起こしてしまったり

子供を叩きすぎてしまったり

過干渉が行き過ぎることは

多くの人に起こりうることなのです。

 

www.696hs.net

 

 虐げられたものが残虐な人物に変わってしまうという昔話についてです。

www.696hs.net

 

虐待や過干渉などしてしまう裏には

 

寂しさや孤独

自信のなさなどの

不安を解消するために

手や口を出しすぎてしまったり

  

生真面目さや

世間や周りの評価が気になる

など

 

自分の子供を良い子に育てなければ!

 

とう力がはい入りすぎていることから

思い通りに子供を動かすため

手や口を出しすぎてしまったりすることがあります。

 

本当は

叩きたくて叩くのではないし

過干渉しすぎて

子供の人生を奪いたいわけではないのです。

 

子供を助ける事は、もちろんですが

順番は

お母さん(お父さん)を先にしなければいけません。

 

また、社会で良い人を頑張りすぎている場合など

家庭でストレスを発散してしまうため

そのターゲットが家庭の中の

大人しく弱いものに向かってしまうこともあるようです。

 

家庭でも社会でも

完璧や真面目すぎはよくありません。

 

程よい塩梅(あんばい)に

力を抜く手を抜くことは大切です。

 

また、社会全体も

 

子供の悪事はその親責任論

 

 から離れることが大切ではないでしょうか。

 

こうした社会全体の

 

子供の悪事はその親責任論

 

は、子育て世代のお母さんやお父さんを

長い間、苦しく追い詰めてしまっているとも思えます。

 

 

ちょっと変わっていたってイイ! 

www.696hs.net

 

 

 

共感していただけたらクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村