Rock'n Rose High School☆696hs

アロマテラピー 5人子育て 放送大学にて心理学勉強中!

怪しい宗教団体、マインドビジネスに騙されないための情報を提供します

こんにちは。

 

696hsへようこそ。

 

5人子育て中

アロマテラピーインストラクター

放送大学で心理学勉強中

ミナコです。

 

 

今日は

宗教、マインドビジネスなどについて考えてみたいと思います。

f:id:mimosawolf69:20191021091547j:plain

写真ACより引用

 

大人ならば、幅広い視野や公平な情報をもつことは

ある程度の抑止力になるかもしれません。

 

もくじ

 

 

怪しい宗教団体、マインドビジネスについて考えてみる

人は、環境や状況により

心にポッカリ空いた穴を埋めるために

宗教やマインドビジネスにはまることがあります。 

※なお「マインドビジネス」という言葉は

私の造語で、心を扱うビジネスとイメージしてください。

 

ポッカリ空いた穴を埋めて自分のバランスを保とうとするのです。

この、心に空いた穴を埋めてバランスを保つこと自体はよくあることで

形は違えど大なり小なり多くの人がやっているのですが

穴の埋め方が、怪しい宗教やマインドビジネスなどである場合

本人と言うより家族や周りが振り回されるハメになることがあります。

 

特に、お金の使い方、時間の使い方、人格の変容などは

家族や周囲をとまどわせ、困らせることになるでしょう。

 

 

家族や周囲を振り回すような事態が心配される団体とは?

(固有名詞はあげませんので読みながら好きな固有名詞をあてはめてみてください。) 

 

・新興宗教、カルト宗教・ネットワークビジネス

・自己啓発セミナー

・資格商法

・マインドビジネス

(心理なんとかとか心、マインド、ヒーリング、スピリチュアル、セラピー、自分軸、などのワードには注意が必要です。)

誰が何を選ぼうと構わない

基本的に個人が何を選択しようと自由です。

また、ななにかに一生懸命になることも「悪」ではありません。

時間の使い方、お金の使い方、対象への関わりの度合い。

全ては、自己責任において行えば良いのです。

 

 

実は私は怪しい宗教団体や怪しいグッズが大好き 

※この段落は自分語りになりますのでご興味のない方はこの下の段へ読み進めてください。

f:id:mimosawolf69:20200207185913j:plain

acworksさんによる写真ACからの写真

 

ただ、内容にもよりますが

宗教やマインドビジネス、資格商法、などなど

全く、排除されてしまうとなんだか夢がありません。

(全くの、主観です。) 

子どもの頃見た、雑誌の後ろの方に

怪しいブレスレットの広告などがよくありました。

 

・好きな人と結ばれる

・勉強ができるようになる

・お金持ちになる

 

あのページを熱心にみるのは

一時的に夢をみられて楽しかったです。

 

寝ている間に勉強が身につく「睡眠学習」枕のページを見るのも楽しかったな。

 

うわー、こんなの嘘だろうけど叶ったら面白い!

 

みたいなことです。

 

「ムー」を熱心に読んだり

心霊怪奇現象のテレビをついつい見たり。

 

 実は、今でもそのような

怪しい商品や怪しい広告などをみるのは好きです。

視点は昔とは違いますが、基本的に面白いし好きなのです。

 

時代は変わり

最近ではTwitterで

現金を配ります、とう方々がいて

つい、クリックしたりフォローしたり

というのも

 

うわー、こんなの嘘だろうけど叶ったら面白い!

 

で、形は違いますが同じことです。

 

そこには、一時の夢があります。

 

でも、働かないで

これかあれば大丈夫と

現金あげます、のTwitterばかりをフォローしまくっていたり

 

開運ブレスレットに全財産をつぎ込んだあげく

上手くいかないのはブレスレットのせい。

 

または、このブレスレットを売れば

お金になるから、と周囲の反対を押切

大量にブレスレットを仕入れてしまったり

 

などでは、家族や周りは困ってしまいます。

 

固着する程度やバランスです。

 

<23>世の中には「判断」 をすることが難しい人がいる

f:id:mimosawolf69:20200208164323j:plain

ラッキーエースさんによる写真ACからの写真

ただ、世の中には「判断」をすること。

または、「正しい判断」をすることが難しい人がいます。

 

例えば、個生や特性による生まれつきのもので「判断」が苦手な方がいます。

 

また、環境や状況によっても判断ができないことがあります。

例えば、不遇な家庭環境によるストレスや健康状態の悪化などで

長い間、精神状態が追い詰められていたりすれば

「わらをも掴みたい」と「判断」を誤ってしまうかもしれません。

 

そういう人達を利用してビジネスにしたいという人がいるのです。

  

怪しい宗教やマインドビジネスの見分け方 

f:id:mimosawolf69:20191218102600j:plain

フォトACより引用

1・お金がかかる

2・去る者を追う

3・教義などが一般的な常識からかけはなれすぎている

4・他の団体や思想を認めない、悪口をいう

5・肉体的、精神的に疲労困憊するような行動をさせる

6・家族や知人と連絡を取りにくい環境にする

 7・最初は、警戒されないように無料、ヨガや瞑想などになっている。

 

上記の7つについて細かく見ていきたいと思います。

 

1・お金がかかる

必要経費位はあるとしても

高額な寄付金を要求されたり高額なセミナー料金が発生している時点で怪しいです。

特に宗教法人として認められていると税金も免除されますので丸儲けです。

トップに立つ人物がお金儲けを目的にしてはいないか見極めましょう。

入信する時に全ての財産を寄付させて

辞めづらくする、などの手法もあります。

また、資格商法や自己啓発セミナーなどには 

もともとは、ネズミ講やネットワークビジネスだったものが

扱っているものを変えている場合がありますので

(自己啓発セミナーからコーチングへ内容が変わっているなど)

 

自分が興味を持っている団体が

どんな様子でお金が流れているか?

誰かだけにお金が流れていないか?

見極めのポイントになるでしょう。

最近は、明らかにお金が儲かっているであろう

団体トップの人物が

blogやSNSで

派手な生活ぶりをアップしているのを見かけることがあります。

あの派手な生活は、誰のお金でなりたっているのでしょうか?

 

また、宗教の是非はともかくとして 

例えば

古くから日本に根付いている神道

仏教

キリスト教

などの団体トップの方や

学校のスクールカウンセラーや

心理士の先生が

派手な生活をblogやSNSでアピールしていたら違和感を感じますよね。

 

 2・去る者を追う

辞めようとすると追いかけてくる団体は怪しいです。

金ヅルを逃がしたくないのです。

あなたのために!というかもしれませんが

本当にあなたのことを思うならば

個人の尊厳、判断、思想を邪魔したりしないでしょう。

 

持論ですが

神様の存在を信じるとすれば

神様は苦しい時には思い出し、苦しくないときには忘れるくらいが丁度良いと想います。

脱会を認めない時点で個人の思想や在り方、尊厳を無視しています。

  

f:id:mimosawolf69:20191021130834j:plain

フォトACより引用

 
 

 3・教義などが一般的な常識からかけはなれすぎている

壷を買えばガンが消える

アロマテラピーの精油を飲めばガンが消える

名前を変えれば不登校の子供が学校へ行く

家庭不和はなにかの因縁

など

全ては、

問題に直面することからの逃げ道です。

一般常識からかけ離れていることを誰かに強要する団体は怪しいのです。

 

本来ならば

問題を解決することに目をむけなければなりませんが

問題をすり替えたくなるな気持ちを利用しているのです。

心にポッカリ空いた穴を埋めればその方はバランスを保てるのでしょう。

 

4・他の団体や思想を認めない、悪口をいう

個人としてもそうですが

自他の違いを認めないことからは争いが起きます。

また、自分たちは特別だ。

選ばれた人間だ。

などの意識を植え付けることもあります。

 

少し違いますが

オウム真理教の麻原は、信者の気持ちを掴むことに

大変、長けていたようです。

 

誰にも受け入れられない孤独感がある場合に

 

お前は頑張りすぎているね。

 

などと気持ちを汲んで貰える言葉をかけたり

 

 

いつも認められない環境にある人物に

 

あなたのその才能で、ぜひ、力を貸してほしい。

 

など、自己有能感を感じさせるような言葉をかけていたそうです。

 

 

共感されて気持ちが癒されたり

いつも居場所がなく孤独感を感じている人物は

そこに生きる意味を見いだします。

 

かつて、オウム真理教信者であった方が

未だに、麻原のことを崇め信じて疑わない人もいるのです。

 

反社会性力などもこうした孤独感や劣等感を

利用することがあるようです。

 

5・肉体的、精神的に疲労困憊するような行動をさせる

疲弊感で一杯のときには

人間さ思考力、判断力を失います。

そこに、教義や思想は、スッと入りやすくなります。

 

新興宗教団体や自己啓発セミナーには

よくありがちな手法ですが

眠らせない、睡眠を充分にとらせない

食べ物を与えない

ストイックに追い込む

ような活動がある場合は注意が必要です。

 

6・家族や知人と連絡を取りにくい環境にする

情報、通信の遮断や

全財産を寄付して特別な場所で生活をさせるなどです。

 

 

 洗脳が終わるまでは、他の情報は入れたくない

ということでしょう。

 

7・ 最初は、警戒されないように無料、ヨガや瞑想体験などになっている。

最初は、無料だったり、ヨガや瞑想の体験だったりと

参加しやすくなっているが、徐々に高額になったり

または、最初は参加者側だが通っているうちに

教える側などに誘われなんらかの資格のためにお金がかかるようになっている。

(その資格制度は徐々に上の資格段階があり上の段階へ行けば行くほどお金が入るしシステムになっている場合があります。簡単にいえばネズミ講が形を変えているということです。)

 

以上、

怪しい宗教やマインドビジネスの見分け方 

について考えてみました。

 

カウンセリングと言いながらのマインドビジネスもあります。 

 

大人にとって情報は、

間違った判断の抑止力になるかもしれませんが

子供の頃に

自分で考えて自分で決める経験は

その後の人生において大きな力となります。

 

 2020年2月7日、8日 加筆修正しました。